忍者ブログ
ねんどろいど在庫情報

人気コンテンツ

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「戦場のヴァルキュリア3 ねんどろいど リエラ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)【2011-06-25発売】」の(ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)【2011-06-25発売】です。
著者:
発売日:2011-06-25
出版社:グッドスマイルカンパニー

 


「戦場のヴァルキュリア3 ねんどろいど リエラ (ノンスケールABS&PVC塗装済み可動フィギュア)【2011-06-25発売】」の良くある質問 by Yahoo!知恵袋
Q.戦場のヴァルキュリアの携帯アレンジツールってありますか?また対応キャリアはどうですか?
A.ありますよ。http://dekome333.com/valkyria/archives/25ここからいけて、私はドコモでできてます。
Q.戦場のヴァルキュリアで戦場のヴァルキュリアで後半のedを井上ひかりさんが歌っていましたが、この人はこのアニメ内でアイシャ・ノーマンを演じていました。ここで質問なんですが、アイシャ・ノーマンはあまり目立ってないのに、なぜedに抜擢されたんですか?若いからですか?どうせなら関係ない歌手の人を使うか、ロージー役の豊口めぐみさん使えばいいのに・・・
A.戦場のヴァルキュリアの前期OPは第二回アニソングランプリ優勝者のHIMEKAさん。後期EDが審査員特別賞の井上ひかりさん。恐らくですが、企画段階からこの二人がOPとEDを歌うのが決まっていたかと思われます。アイシャ・ノーマン役は後から決まったのでしょう。原作ゲームでは伊藤かな恵さんが演じていらっしゃいますので、アニメを見てガッカリした覚えがあります。
Q.また、異常な右翼の連中による思想弾圧です。私は、その被害者ですが、『ギャングストーキング→ガスライティング→アンカリング』の被害などを、非常に長い期間に渡り、受け続けています。『Ameba(アメーバ)』というWEBサイトで、『豚』の表現が使われていますが…… (『アメーバピグ(pigg)』という『Ameba』の関連サイトまであります)『豚』は、右翼の犯罪ストーカー集団が、アンカリングのための表現として延々と使っている物です。①、日テレのシンボルマークに『豚』。②、TBSのシンボルマークに『豚』。③、右翼の経済学者が作った経済用語『PIIGS』。④、タウンワークの表紙の『豚』。⑤、豚の鳴き声から、『ブ』や『プ』が頭に付く言葉が、______様々なところで使われている。⑥、アニメ『けいおん!!』で、『豚』のネタが連発。⑦、アニメ『レ・ミゼラブル 少女コゼット』の次回______予告で、『豚』の鳴き声が入っている。⑧、アニメ『戦場のヴァルキュリア』に、『豚』キャラ。⑨、NHK番組『あさイチ』で『豚』のマスコット。⑩、『へそクリック』や『ポイントボックス』などで、______『豚』が登場。異常な右翼の集団による思想弾圧のための表現が、なぜ、これほど拡散しているのか、わかりますか?
A.ギャングストーキングには、警察が加担していますからね。アメリカのKKK(クー・クラックス・クラン)が始めたとも言われるギャングストーキングは、現代でも、アメリカ、カナダ、日本など多くの国々で実行されています。日テレ、TBSをはじめ、フジTV、テレ朝、テレ東、NHKなど、多くのテレビ局の番組でも、このギャングストーキングに協力する非人道的な放送が流されています。『黄金の豚』というドラマが、日テレで放送されていた時期がありました。なぜ『豚』なのか、理解できなかった人が多かったでしょう。質問者さんは、すぐにわかったはずです。


[関連タグ]

 戦場のヴァルキュリア
 戦場のヴァルキュリア 攻略
 戦場のヴァルキュリア3
 戦場のヴァルキュリア2 攻略
 戦場のヴァルキュリア アニメ
 戦場のヴァルキュリア4
 戦場のヴァルキュリア 動画
 戦場のヴァルキュリア2
 戦場のヴァルキュリア3 OVA
 戦場のヴァルキュリア3 攻略
 戦場のヴァルキュリア3 パスワード
PR
ピックアップ写真

  • SEOブログパーツ
【Links】

【ネット予約がお得な宿】
箱根の宿  湯布院温泉の宿 (由布院温泉の宿草津温泉の宿  志摩の宿  城崎温泉の宿  下呂温泉の宿  別府温泉の宿  熱海の民宿  伊豆諸島の宿 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]